どーも ぎた@guit_arです。

ユーチューバーの知り合いがいまして、先日カメラマン的なことやってみたんですよ。

カメラマンって言ってもただiPhone持って撮影してただけなんですけど、それやってみた感想がですね…


めちゃくちゃ面白い!

「なんで面白かったんだろう?」ってところを振り返ってみますので気軽にどーぞ。




テレビ番組作る感覚

晴れた日の公園でカメラもってその友達を追いかけ回してただけなんですが(ちなみにやったのはコロナが騒ぎ出す前です)なんだかテレビ番組を撮っているみたいで面白かったんです。

雰囲気で言うと「水曜どうでしょう」的な粗い感じというか。

編集でシュッとするんでしょうけど。




今回は黙って撮影してただけなんですが、カメラマンが色々質問したりイジったりするとチープな面白さが出そう。

もちろんバラエティじゃないやつだって作れるでしょう。


この感覚が非常に面白かった。


iPhoneだけ


ほんとiPhoneだけで撮れるから楽ですよね。

むか〜し自分の路上ライブ記録用に配信してたやつも全部iPhoneなんです。




道具と言えば三脚ぐらいのもん。



編集も投稿もiPhoneからそのままできますからパソコンいらず。


ガッツリ編集したかったらアプリもあるし、「画面小さくてキツい!」って人はパソコンでやりゃあいい。


これは修行が必要ですが、頻度が多ければやりながら成長していくハズ。

「動画編集」、「企画力」、「プレゼンの腕」などなどちょっとしたスキルも身につきます。



…って完全にヤル気ですね 笑

とにかく今や誰でも持ってる、スマホでできるんです。




収益化とかなんとか


YouTubeで収益化するには「登録者1000人以上」とか「総再生時間4,000時間(!)」とか結構高めの壁があります。

最近は芸能人もどんどん参入してるので、我々シロートはどんどん厳しくなっていくし、世間の流れから見て広告収入も減る一方。



「稼ぎたい!」の気持ちがモチベーションになる人ならそれでもいいんですけど、俺なら「楽しみたい!」の気持ちが強いかな。
いや稼ぎたいけどね


そんなわけで

YouTubeの動画撮るの面白かったよ〜って話でした。

みなさんもやってみませんか? 俺はヤル気でこの記事を書いてます。

「ネタなんかないよ〜」って思ってますよね?


俺も無いです!


毎日投稿とかしてる人すごいね〜

それではまた