どーも ぎた@guit_arです。


ここ最近よく思う

「できない人はいないんじゃなかろうか?」



今の会社に入って14年。

製造でライン作業(流れ作業)なので商品は変われどやること自体はそんなに変わらないです。


未だにミスするし、「なんかめんどくさいな〜」って手を抜いたりもする。


ホント何度もミスするから

「俺は仕事ができない人間なんだな

なんて思ってた。




でも最近気付いたんです。

キャパオーバーだって…。

いや薄々気付いてたな


仕事のバランスって難しくて、もう1人増えるとめちゃくちゃヒマになったりするし、かと言って今の人数体制だとちょっとキツい。


1人を遊ばせてる訳にもいかないから結局ギリギリの人数で回すしかなくて。


仕事が集中するとやっぱりミスが多発する。



そんな状態で長いこと働いてたんだけど、去年めずらしく新人が入ったんです。

少しずつ仕事を教えながらやってて、忙しいときは離れた所で見てもらってたんだけどその時その新人くんが一言





「ぎたさん完全にオーバーワークですよ」




…やっぱりね 



色々考え始めた今になってようやく気付けた。

ただ無思考に生きてたなら同じことを言われてもわからなかったと思う。


同僚たちは割と荒んでいて、
「何か起きたら誰かのせい」
「自分とは関係ない」


とにかく人間のミスを正そうとするから言う方も言われる方も心は荒んでいく。

その人ができないんじゃない(無思考すぎるのは良くないけど)、回っているシステムが良くないのだ。



その本質を考えなければ根本の解決にはならない。


システムを正しく構築したらきっと誰でもスムーズに仕事ができる
仕事にやり甲斐ができるハズ。



しかし底辺の平社員が唱えても1人1人説得するのは難しいだろうから、上司がちゃんと部下のことを考えて仕組みを見直すべきだ。

その上司もいっぱいいっぱいになっているならそこの仕組みも考えるべきだろう。


その仕組みに合わせた設備も導入するべきだろう。







なんだか話がまとまらなくなってきたけど、

「仕事ができない人間はいない」




正しいシステムで回っていれば誰もミスなんてしない。

そもそもミスしたって別にいいしな!



「自分は仕事ができない」と思ってる人がいたら、落ち込むだけじゃなくて仕組みについて考えよう。

ほんの少しずつでも変えて行こう。

俺も頑張るよ 笑